spl.png

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


D' 【D-DASH】ダストダウンブレーキパッド・ドイツ車の為の究極のブレーキパッド

HOME > Topics

por1.jpg

ブレーキパッドの『アタリ』について
一般道でおおよそ300〜1,000km程度は、急制動、急ハンドルなど急の付く運転は避けて下さい。また、無理矢理ブレーキ廻りの温度を上げるような走行もお控え下さい(ローターを歪める原因となります)。つまり、ごく普通の『安全運転』で走行して頂ければストリートでのアタリ付けは完了致します。

ブレーキ鳴きについて
ブレーキローターは現状維持、ブレーキパッドだけを新品に入れ替えたら…その直後から『鳴き』が発生するようになった。パッドを交換して『鳴き』が発生したのだから、原因はきっとパッド?しかし、パッドを確認しても新品なのでもちろん異常はない。ただ、よくローターを見てみると、ローター表面には交換前に使用していたパッドの摩擦材が付着しており、そのうえ段差(エッジ)も出来ていた。

新品のパッドは凸凹がなく、摩擦材表面は真っ平らです。そこにエッジの立った使用中ローターに組合せて使用すると、エッジの部分しか当たらず爪で引っかいたような擦れ方になり『鳴き』を発生させます。さらに、ローターのごく一部分しか当っていないため、効きも非常に悪い状態です。弊社ではパッド交換と同時に『ローターの研磨』もしくは『ローターの交換』をお奨め致しております。

※ローター研磨及び交換作業も承ります。

>

logo1.png


bana1.pngbana1.png
bana2.pngbana2.png
bana3.pngbana3.png
bana4.pngbana4.png
bana5.pngbana5.png
bana6.pngbana6.png
bana_haj.pngbana_haj.png
bana_cpj.pngbana_cpj.png
bana_bankin.pngbana_bankin.png